AI時代到来で英語が益々必要になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス英語トレーナーの小林真美です。

ここ数年、AI という文字をニュースメディアで見ない日はなくなってきました。 

将来AI でなくなる仕事は○○、生き残る仕事はXX、などの記事もよく見ます。

ビジネスパーソンの皆さまが、日頃利用しているであろうGoogle 翻訳などのツールも、いつの間にか翻訳精度が上がり、かなり使い勝手が良くなっています。 

もちろん、主語と述語を明瞭に文章をつくる(=もとの日本語をやや英語的にする)などの工夫は必要ですが、こういった日本語的文章を英語に訳す場合の諸々の課題も、技術の発展と伴に徐々に解消されていくのかもしれません。

 

このような背景もあってか、「まみ先生は、AI が進む世の中でも英語(外国語)の学習は必要だと思いますか?」「子供が自分が仕事を始めるころは、AI が翻訳や通訳をやってくれるから、英語なんで勉強しなくていいと言います。何て言えばいいでしょう?」 

といったご質問を受ける事が度々あります。 私はAIの技術については素人ではありますが、色々な文献を読んだり、自分が経験してきた事を踏まえ、私が現在考ていることをまとめてみました。

AI時代には英語学習は益々重要になる理由

 

AI翻訳機能の限界

私達が日常使う日本語にも、その時代背景や技術の進化に伴って新しい言葉が生まれるように、言語は生き物と言えます。 

さらに、言葉には一つの意味だけでなく、複数の意味やニュアンスがあったり、文脈などを通して、どの意味かを判断しなければならないケースも多々あります。 

これらの多くの課題を乗りこえる技術の進化にはまだ時間がかかるのではないでしょうか。 

未来のいつの時代かには、コンタクトレンズに翻訳機を埋め込んだり、耳にインプラントすることで外国語を自動翻訳して聴き取れるなんて事が実現するという記事も読みましたが、実現までにはまだ年数がかかるでしょう。

そもそも、AIを利用した翻訳の精度を自分が確認できないままに、相手に伝えてしまっていいものか? という課題もあります。  万が一、意図するニュアンスと違うものになっていたら・・・と思うと怖いですよね。 基本的なメッセージはAIによる翻訳に任せることができても、込み入った内容であればある程、自分でも確認したいと思うのが自然ではないでしょうか。

 

共通言語を”話す”ことの意義

外国人と共通言語である英語を話す事は、お互いに言いたい事を伝え合うだけでく、”connecting”する事だと思います。 相手の目を見て話すことで信頼感を得ることや、相手の表情次第で表現方法を変えてみるなどの柔軟性は、翻訳機械を利用したコミュニケーションでは補えない部分だと思います。 

英語のみならず、相手の言語を話すことは、共感をよぶことでもあり、その後の人間関係やビジネス上での信頼関係の構築に影響するもの。

文化や育った環境も全く異なる者同士が、共通言語での”会話”を重ねることで共感を呼び、信頼関係を構築したという経験を持つビジネスパーソンは多いです。

 

そんな経験はいらない、ビジネスはビジネスライクでと思う人も、海外旅行に出で現地に人とちょっとした会話を交わす時、また海外の音楽やアートを鑑賞する時に、外国語が少しでもできたら・・・と思う気持ちは、AI本格化時代到来後も今と変わらないのではないかと思います。 

英語ができる人がより価値を持つ

AIによる翻訳機能の開発は、Googleを中心として、英語を軸に展開しています。 

日本語から英語以外の外国語に翻訳する場合も、英語を介することになります。 この2段階の翻訳の過程では、機械翻訳の上での課題が色々残っていると想定されるため、少なくとも英語への翻訳は、人が確認することで精度をあげる必要があります。

この意味では、AIによる翻訳機能のメリットを享受するためにも、ある程度英語ができることが大前提になります。

まとめ

上記で語ってきたように、AI 時代到来に向け、英語を学ぶことの意義が薄れることはないと思います。一方、技術の進歩が英語でのコミュニケーションを徐々に容易にしていくのも確かだと思います。 機械が理解しやすいように、より論理的に語る(主語と述語を明確に話すとか)ように心がけることも必要になります。 これは、何も機械のためということではなく、グローバルなコミュニケーションで必須のことでもあります。

また、今後技術が一層進み、AIを駆使したデジタルなコミュニケーションが進むと、人と人との触れ合いというもの価値が、一層増していくのではないかとも思います。 

世界はどんどん小さくなり、日本にいる外国人も、海外で活躍する日本人も増えていくであろう時代を踏まえ、世界の中心言語である英語学習は、これからも重要だと考えます。

 

おまけ

外国語を学ぶ事は、アンチエイジングになるって知ってましたか?

英語を話す場合、口周りの筋肉をあまり使わない日本語に比べ、顔筋を大きく使うというのが一つ。 また、これまでの日本の常識とは異なる、新しい考え方や価値観に触れることも脳を活性化しますよね。 

実際、母国語以外の言語を学ぶことは、脳の認知機能を強化し、痴呆の発症を数年遅らせるという、実験結果を発表されていますよ。

参考: https://www.bbc.com/news/health-27634990

 

英語を学ぶ事のメリットは大きいですね。 これからも楽しく学習していきましょう。

小林真美の個人プログラムにご興味を持っていただいた方はこちから体験レッスンをお申し込みください。 体験後、ご提示する個別にカスタマイズしたプログラムがニーズに合うかどうかでご判断いただきますので、どうぞお気軽に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自己紹介

Lineでお友達になりましょう♬

海外ドラマから学ぶビジネス英語フレーズ配信中。登録後、メッセージ下さった方にはThe Good Wifeからのフレーズ30をプレゼントします!

友だち追加