英会話を弾ませる返答とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日お伊勢参りをしながら
思い出したのが・・・

以前外国人同僚に、神社と
お寺の違いを聞かれて、
あまりうまく説明できなかった
苦い思い出。

英語でわかりやすく説明できないと
いう以前に、そもそも日本語でも
きちんと説明できなかった~という
レベルの話です。

こういった話題はビジネスだと早々でて
くるものではないかと思いますが・・・

相手の外国人ビジネスパーソンが、
日本の文化や国内旅行に興味が
ありそうだったり、

年末が近い会食で、New Yearの
過ごし方として“初詣”の話題が出てくる
可能性があるようなケースでは、
ちょっと準備しておくのが
おススメです。

こういった話の場合、情報はかなり
抑えるのが基本。

自分が自信を持って説明できる
範囲にするのはもちろん、
異文化理解の一歩として、
相手にtoo muchにならない
情報にするのがおススメです。

【質問の答え方でがっかりさせてませんか?】

会食やちょっとした雑談の
タイミングで、自分の得意分野
じゃないあたりの質問を
受けた時、

Well, I don’t know. 

とか、

No, I don’t do that. 

とか、

「知らない」、

「それはしない」と、

味気ない返答していませんか?

ビジネス会話なら何とか
こなせても、

どんな話題が出てくるか
想定しきれない雑談では、
スラスラ上手い回答が
できない話題もあったり
します。

そんな時に上記のような
味気ない回答をしてしまうと、

会話は進まないし、質問した
相手も何となく気まずく
感じるもの。

相手との関係をよりよく
するための雑談で、
そういった事態は
避けたいですよね。

そもそも、こういう会話、
正解は一つではありませんし。

そんな時にオススメなのが、

「自分の経験から話そうと
しない」

「forward-lookingに、
ポジティブに何か返答をする」

ということです。

例えば、

「相撲を見に行ったことは
ありますか?」

と聞かれて、

実際行ったことはない場合、

“No, I have never been there.” 

で終わるのではなく、

“Unfortunately, I haven’t had a 
chance to go there.

It’s quite popular then I would like 
to go to see them one day.“ 

みたいな感じで答える
感じです。
 

繰り返しになりますが、
ポイントは自分の経験だけから
話そうとすると、経験してない
ことは、味気ない返答に
なってしまう。

視点を将来に向けて、
答えられる
ことを回答する。

そうすれば、パーフェクトでは
ないかもしれませんが、
ぎこちなく会話を途切れさせる
ことは避けられま!

何かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自己紹介

Lineでお友達になりましょう♬

海外ドラマから学ぶビジネス英語フレーズ配信中。登録後、メッセージ下さった方にはThe Good Wifeからのフレーズ30をプレゼントします!

友だち追加