『出世する人の英語』出版記念読書会イベント

 

大好評をいただいている『出世する人の英語』の出版を記念して、
読書会を行います。

今回は地方開催(名古屋、大阪、福岡)も予定しています。

ぜひ是非、お近くの会場に足をお運びください。
本を読んでから参加いただくとより理解が深まります!!

 

【読書会日程】 各リンク先からお申込みください。

10月8日(月) 10時~12時 半蔵門 (満員御礼終了)
https://kokucheese.com/event/index/538822/

10月14日(日) 11時30分~13時30分 @名古屋(大好評終了)

詳細&お申し込みは こちらから

 

★10月21日(日) 14時~16時 茅場町

詳細&お申し込みは こちらから

 

★10月25日(木)19時~21時 渋谷

詳細&お申し込みは こちらから

 

★10月28日(日) 14時15分~16時15分 大阪

詳細&お申し込みは こちらから

 

★11月3日(土)14時~16時 渋谷

詳細&お申し込みは こちらから

 

★11月9日 (金)19時~21時 茅場町

詳細&お申し込みは こちらから

 

★11月14日(水)19時~ 国分寺 (お申込みサイトは少々お待ちください)

 

★11月17日(土)午前 福岡 (お申込みサイトは少々お待ちください)

 

★11月25日(日)10時~ 溝の口 (お申込みサイトは少々お待ちください)

 

■読書会概要:

「できる人」と「できない人」の英語はこんなに違う! 日本企業ではそこそこ上手くいっている、英語の文法もそんなに間違ってないはず、それなのに外国人とのコミュニケーションがうまくいかない・・・そんな日本人ビジネスパーソンが、いかにグローバル企業で成功することができるか、成功の秘訣の第一歩をお話しします。

当日は『出世する人の英語』を書くきっかけとなった私の経験、本で紹介仕切れなかったエピソード、この本を皆さんのキャリアにどういかしていただきたいのか、などもお話しします。

事前に読んできていただけますと、より理解を深めていただけるのでオススメです。 少人数のセミナーですので、参加者の方からのご質問もたくさん受けさせていただきたいと思います。

☆英語のレベルは問いません。

 

《メッセージ》

私が外資系で働き出した当時、英語を勉強して臨んでも、なかなか適切なコミュニケーションがとれずに苦労してきました。それはアメリカ人特有の考え方などを理解せず、日本語をそのまま英語に変換しただけだったからだということに、随分後になってから気付きました。彼ら(彼女ら)とコミュニケーションを上手く取り、仕事で結果を出していくには、アメリカ人の論理や思考習慣に合わせた、意図が伝わる英語の使い方が必要です。

ビジネス英語を教えるようになって、ある程度の英語力があるのに、グローバルにビジネスを展開する日系企業や外資系企業で、外国人上司や同僚、クライアントとのコミュニケーションがうまく取れず、苦労している日本人が本当に多いと感じています。

私は優秀な日本人には、もっともっとグローバル市場で活躍し続けてほしいと考えています。アメリカ人特有の考え方や価値観を理解して、より相手に伝わりやすい言い方や話すタイミングを図れるようになると、ビジネス英語はさほど難しくないと思えるようになります。アメリカ人を強調していますが、アメリカ人的発想を理解することは、ヨーロッパはもちろん、アメリカで勉強してきたエリートが多いいアジアの企業とビジネスをする上でも、非常に役立ちます。では、具体的にどういったことを意識していけばよいのか?より多くの方に体系立ててお伝えしたいと、今回本にまとめました。私はグローバル化が一層進む環境の下、英語でつまずくビジネスパーソンが一人でも少なくなる事を目指して、情報配信やセミナー、集中個別指導などの活動をしています。

今回の出版記念セミナーでは、書籍を手にとってくださった方と直接お会いし、みなさんのお悩みを伺い、一歩踏み込んだアドバイスもさせていただきたいと考えています 是非ご友人とお誘いあわせの上、ご参加ください。

 

■講師:小林真美(Biz英語塾主宰)
[プロフィール]

津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。
外資系証券会社を経てニューヨーク大学スターンスクール・オブ・ビジネスに留学してMBA取得。帰国後、フォード自動車の金融子会社に入社し、オーストラリアにあるアジア統括本部に財務マネージャーとして二年間勤務。
その後、ジョンソン、日本アルコンで財務管理職を務め、外資系企業勤務は通算二二年に及ぶ。現在は会社経営者や管理職をはじめとするビジネスパーソンに、ビジネス英語の個人指導や企業研修を行う。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。