ビジネスミーティング(会議)に使える英語(応用編)

ビジネス会議で使える表現・後編では、会議の場面でちょっと難しい場面に遭遇した際に使える表現を紹介します。

rkit / Pixabay

 

今回の記事を読むと、英語の会議の進行で困った際に、口から出てくると助かる表現が身に付きます。

 

 

 

文化や価値観の異なる外国人との英語の会議では、参加者に場の雰囲気を読んでほしいとか、こちらの意図を汲み取ってほしいといった事は期待できません。

 

 

反対意見を明確に伝えるのはもとより、議論が脱線していたり、誤解が生じているような場合は、はっきり言葉にして起動修正する必要があります!

geralt / Pixabay

 

話が主題から脱線しそうになった場合:

 

It’s important that we focus on our main topic today.

 

今日の主題にフォーカスすることが重要です。

 

 

That’s not what we are here to talk about.

 

I would like you all to stick to the agenda.

 

それは私たちがここで話すことではありません。

 

皆さん、議題にそった話をしてください。

 

stick to ~ = ~ に固執する

 

 

Let’s put that aside for a moment.

その件はちょっと置いておきましょう。

 

 

That’s a different issue.

 

それは別の問題です。

 

 

 

We are getting off track.

 

話がそれています。

 

 

We should deal with the questions which have to do with today’s topic.

 

今日の話題と関係のある質問だけを話すべきです。

 

 

 

発言に割り込んだり、他の話を始める人を制する表現:

 

 

Just a moment, please.   Can we let Mike finish?

 

ちょっと待ってください。マイクの発言を終わらせてあげましょう.

 

 

One at a time, please.

 

一度に話すのは一人にしてください。

 

 

Silence please,

静粛に

johnhain / Pixabay

 

同僚や部下の意見に対して、配慮しながら反対意見を言う場合:

 

 

I understand your point of view, but I see it differently.

あなたの見方も理解していますが、私は別な意見を持っています。

 

 

Thank you Tom, I think you have made your point now.

In my opinion, however, I think ~.

 

ありがとう、トム、あなたの意見はわかりました。

しかしながら、私の意見では、私は~だと思います。

 

 

Thank you very much Tom for explaining the background.

 

トム、背景を説明してくれてありがとう。

 

 

Now, let me share how I see this from my perspective.

 

では、私が私の立場からはどう見るかシェアさせてください。

 

 

I must say that I’m not comfortable with your proposal.

 

私はあなたのプロポーザルには賛成していないと言わなければならない。

 

 

You’re right. We should increase our prices to protect our market shares. However, we also need to think about the profit impact.

 

あなたが正しいです。 私たちは市場シェアを守るために価格を引き上げるべきです。 しかし、利益の影響についても考える必要があります。

 

 

I really appreciate your input into our team but there are some different opinions here

 

私たちのチームにあなたの意見をお寄せいただきありがとうございますが、いくつかの異なる意見もあります。

 

 

 

懸念や誤解を解消するために使える表現:

 

That’s a reasonable concern.  Let me share my findings from the research to resolve your concern.

それは当然の懸念です。 あなたの懸念解消のために、私のリサーチで分かったことをシェアさせてください。

 

 

We may have a misunderstanding, so let me explain my point of view.

私たちには誤解があるかもしれないので、私の考え方を説明させてください。

 

 

We may have a misunderstanding, since I may not have been clear about my earlier explanation.

 

先の私の説明がはっきりしていなかったため、私たちは誤解をしているかもしれません。

 

 

 

I’m not going to get into a discussion about…

 

私は~について議論に入るつもりはありません。

 

 

I didn’t mean to hurt your feelings

 

私はあなたの気持ちを傷つけるつもりはありませんでした。

 

 

What can I do to support you / to help you.

あなたをサポートするために/あなたを助けるために私は何ができますか?

Captainzz / Pixabay

 

会議が難しい局面に陥った時に使える表現、いかがでしたでしょうか?

 

これらの表現を知っておくと、いざという時に必ず役立ちます。

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。