• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

週末は勉強カフェ田町さんで、TOEIC攻略・第二弾のセミナーを開催してきました。

勉強カフェさんは、所謂「大人の自習室」っていう落ち着けるスペースで、
資格試験にチャレンジする方、空き時間を有効に活用したい方に人気のスポットです。

https://www.benkyo-cafe.net/

 

都内中心にスポットがいくつかありますが、今回のようなイベントは、他のスタジオ

会員さんも他のスタジオ会員さんも参加可能。

 

また、メンバー以外もかなりリーゾナブルな価格でイベントに参加可能です。

勉強カフェさん、郊外にあるスタジオも結構人気だそうです。

 

数年前、私はソウルに住んでいたのですが、彼の地で便利だったことに近所のカフェの                      充実度がありました。

パソコン用の電源も完備されていましたし、韓国語の勉強など、家で集中できないときはカフェに
行って宿題みたいな事をよくやってました。

もっとも、カフェのお値段東京と同じ位なのでカフェ代結構使いました・・・。

何かと便利な東京に戻って、一番不便に感じたのがカフェの少なさだったのを思い出します。

勉強や読書。何か一人の時間を過ごしたくてカフェに行ったのに席がないってストレスですよね。

勉強カフェさん、いいところに目をつけたなって思います(笑)。

 

今回のセミナーはTOEICの学習を実務に生かすという観点で、英会話、英文メールに
使えるフレーズを練習する形で行いました。

会話の方はPart2 のリスニング問題、質問が流れてきて、正しい回答を選ぶタイプを
ベースにご紹介しました。

Part2のリスニングのポイントは「自分に話かけられている」という認識を持って
真剣に聴くっていうことですね。

5W1Hの、疑問詞で聞かれる問題が多いので、出だしに思いっきり集中して聴くことも
とても大事です。

 

英文メールの参考はPart6やPart7です。

お礼や問い合わせ、謝罪文とか、色々なメールがTOEICに使われているので、

出だしやクロージングの定形表現だけでなく、文中にもこれって応用できそう?って
いう表現がたくさんあります。

 

よく生徒さんから受ける質問で、「先生はどこで英文メールを習得されましたか?」っていうのがあります。

私が一番参考にしたのが、留学後に入社したアメリカ系自動車会社での外人上司や本社からのメールでした。

業種や会社によって、文章の固さ度合いとか変わりますし、会社独自に略語もたくさんありますので、
社内でどんなメールが交わされているかを参考にするのが一番良いと思います。

ネイティブに限らず、ノンネイティブでも非常にわかりやすいメールを書く方、多いと思います。

もし、社内にお手本になるメールがなかなかない場合、TOEICの問題文にも結構になる表現が
あると思います。

是非、実務に生かす英語っていう観点忘れずにTOEIC問題に取り組んでみてください!

 

次回の勉強カフェさんでの講座申込はこちら。

TOEIC攻略セミナー

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA