• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日は外資系の経理担当で、転職を検討している方の英語指導をしました。

 

英語を使う仕事に応募する場合に必要になる英語面接。                                                     

 

英語面接は日本語(日本人の)面接とは異なる質問もあるので、しっかり準備することが必要だと思います。

英語力に自信のある人は、予期せぬ質問にも何らかの返答ができると思いますが、もっとも避けたいのが黙ってしまったり、単語一言で返答してしまったりすることですねー。

 

 

私自身もテンポ良く返答をしようとするがあまり、言うべき事を半分くらいしか言えなかったとか、苦い思い出があります。

 

 

雑談(スモール・トーク)での会話ならテンポ良く返答した方がいいと思いますが、大事な質問に対しては、ちょっと時間もらって考えまとめてから話始めるでも良いと思います。

 

 

ただし、その際に黙って目で訴えるのではなくて、

 

”Please let me think about it for a moment.”

 「ちょっと考えさせて下さい。」

 

みたいなフレーズを言うのがいいと思います。

 

 

日本で仕事をする限り、英語を毎日話す仕事は、かなり限られていると思います。 

 

私が長く働いていた外資系の財務・経理のお仕事でも、どの会社でも英語のメールは毎日やり取りがありましたが、英語を話す機会はそこまではなかったです。

 

 

面接で聞かれるような事を普段から考えてる訳でもないと思うので、やっぱり予習が大事だなと思います。

 

 

もちろん、流暢な英語そのものより、話す内容が一番大事なのは日本語、英語ともに同じですね。

 

転職活動の理由は様々だと思いますが、何でその会社に興味をもったのかは、自分の言葉で言えるようにしておくのが、特に重要ではないかなと思います。

 

 

経理や人事とかの管理部門ですと、会社の商品やサービスを直接お客さんに話す機会もないし、転職しても結構すぐに仕事に馴染めたりします。 

 

それでも自分の勤める会社の商品やサービスに誇りや愛着を感じることができると、毎日の仕事がより充実したものになるように思います。

 

 

今回の生徒さんは海外から一時来日するエグゼクティブとの面接に備える準備でした。 いろんな想定質問考えて練習しましたが、私も以前の職場が懐かしくなりました。。。

 

 

英語面接へのアドバイスはこちらのブログで書いてます。

また、個別相談も受けますのでお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

 

 

http://mamikobayashi-english.com/business-english/jobinterview_part1_zatsudan

 

http://mamikobayashi-english.com/business-english/job-interview-part-%EF%BC%92-%EF%BC%88jikoshoukai-strength-weakness%EF%BC%89

 

 

http://mamikobayashi-english.com/business-english/job-interview-part-3-%EF%BC%88career-goal-sonota-%EF%BC%89

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA