ビジネス英語はSimpleに考えよう! (キャリア長い人の転職)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

先日から外国人とのJob interviewを控えている、プロフェッショナルな仕事を長くされている方の英語をサポートしてます。

 

彼女のように経歴が長く、数々の荒波を超えてきた方の場合、職歴紹介や自己PRで、ご自身のキャリアのハイライトを簡潔にまとめるのに苦労される方が多いようです。

 

応募している仕事に直結する職歴はやや詳しく、それ以外のキャリアはまとめて表現するなどの工夫が必要だったりします。

 

また、会社の諸事情で経験してきたリストラ等も、ネガティブな経験として話すのはお勧めしません。 最初は辛かったけど自分が成長できるきっかけになったとか、克服できて自信につながったとか、逆境を逆手に取る感じです。

 

面接に限ったことではありませんが、ビジネス英語はシンプルな表現を心がけるのが一番。 自分の言わんとする事を、相手にすっきり理解してもらうのが大前提です。

 

Job interviewは、言い忘れがないように、ついついあれもこれもと考えがちですが、なるべく厳選して、気持ちをしっかり込めて話すのがいいかなと思います。

 

色々ご相談に乗ってると、私がお手伝いできるのは、生徒さんの考えの整理と英語表現のお手伝いだな~と感じます。 ご自身のキャリアの軌跡をどううまく表現し、Job Interviewにふさわしい自己PRができるかがポイントなんですね。

 

 

それから、みなさんついつい忘れがちなのが、先方への質問。

最終面接などで会社の上のポジションの方が出てくる場合、シニアマネジメントにふさわしい質問を準備しておくことを勧めています。 応募している職務についての瑣末な質問ではなく、日本市場への期待とか、会社が抱える課題等で、会社のHPには出ていない大きな話が良いと思います。

 

採用可否がいつ決まるとか、日本語でやや聞きにくい事も英語でさらっと聞いちゃうのもありです。先方が答えられない質問であれば、率直にそういう返答があって終わります。 その辺、すっきりしていて、日本人との面接より楽だったりするかも。

 

下記の記事で英語のJob Interviewで使える表現をまとめています

 

 http://mamikobayashi-english.com/business-english/eigo-no-job-inte…chi100no-hyougen ‎

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA