起業家向け少人数集中ビジネス英語講座

【講義概要】
「3ヶ月実践ビジネス英語集中講座」では、このようなお悩みを解決します!

“受験英語やTOEICはそこそこ出来たのに話すことが苦手。決まりきった英会話しかできない”
“自分にあった勉強法を、上達レベルに合わせてアドバイスしてほしい”
“日本語と同じくらい、堂々と英語でプレゼンしてライバルに差をつけたい”
“一般的な英会話学校の教材では飽き足らない。ビジネスに直結した内容で学びたい”
“外国の取引先との関係が深まるような、英語のコミュニケーション力を上げたい”
“自分一人ではなく、ゴールを目指す仲間と励ましあって学習したい”
“途中で挫折しないよう、日々の学習管理をサポートしてほしい”
“この3ヶ月で自然に英語に触れる日常を習慣化したい”
“限られた時間で、効率的にビジネス英語をマスターしたい”
“将来の海外展開のために、今から英語力をみっちり身につけたい”

 

「英語」が事業の足かせになっていませんか?
この機会に経営者の仲間と一緒にみっちり英語を勉強し、「ビジネス英会話の基礎からプレゼンテーションができる英語力」「海外ビジネス情報を収集、理解できる読解力」「 英語学習を習慣化し、継続できる学習法」を身につけましょう!
本講義は、受講者の業界を考慮し、学習課題を可能な限り実務に近いもので進めます。

 

【講義スケジュール】
目標:ビジネス会話(基礎)の習得と海外ビジネス情報収集力を磨く
①プロフェッショナルな自己(自社)紹介と信頼関係を築くための気の利いた雑談力(スモールトーク)に必要な英会話
簡単な概要:一流のビジネスマンは知っている、相手に好印象を残すスマートな自己紹介と、自社を上手くアピールする表現を習得。外国人と信頼関係を構築するのに不可欠な雑談について、適切な話題や表現方法を学びましょう。

②海外出張に伴う様々な場面に対処できる英会話 ・ 接待・商談をスムーズに進めるための英会話
簡単な概要:トラブルへの対応力、相手はしっかり見ています。海外出張や長期滞在などで遭遇する様々な状況や、突発的なトラブルに対処できる英会話を習得。接待や商談をスムーズに進められる英会話を学びましょう。

③会議・電話会議を効率的に進められる英会話
簡単な概要:会議・電話会議を効率的に進めるために必要な英会話を習得。進行役が使うスマートな表現や反対意見を述べる際に、相手の意見も尊重しながら自分の意見に説得力を持たせていく、といった効果的な表現を学びましょう。

④ネイティブに伝わるビジネス文書の基礎表現
簡単な概要:ビジネスEmailを中心に、ビジネスでの適切なライティングフォーマットと、覚えておくと便利な頻出表現を学習。わかりやすい文書のポイントと、スラスラ英文が書ける秘訣をお教えします。

⑤成功するプレゼンテーションの英語表現
簡単な概要:効果的なプレゼンテーションの組立方、スムーズな話の展開に必要な定形表現、知っていると格段にプレゼンの見せ方が変わるQ&Aのさばき方をお教えします。受講者の実際の事例を用いて、授業内で発表する機会を設けます。実務で使える圧倒的なプレゼン力を手にしましょう。

⑥海外最新業界・企業ニュースを読み解く秘訣と総まとめ
簡単な概要:受講者の関心分野から最新海外情報を検索し、実際に読む解く演習を行います。インターネットを利用しての実践的英語学習方法を学び、海外ニュースをキャッチアップする英語に触れる習慣を身につけることで、周りのビジネスマンに差をつけましょう!

注①:各課題の時間配分は、受講者の進捗次第で変更することがあります。
注②:12回でビジネス英語の基礎を網羅する集中講義です。講義は受講者のアウトプットにより多くの時間を割きます。復習と宿題の時間を十分に確保して頂く必要があります。
注③:TOEIC600点相当に満たない方は、講座開始前に基礎英語(講師指定の文法問題集1冊程度・教材費自己負担)をご自身で学習していただきます。
<講師よりメッセージ>
これまで集中型の1対1の英語指導をしていて課題と感じるのが、複数名が参加する場でのアウトプットの場で鍛える機会がないことです。ある程度プレッシャーがある環境でのアウトプット訓練は、必ず実務で役立ちます。何かスポーツを始めて、自分が先ず目標にするのは、スーパースターじゃなくて、自分よりちょっと先を行ってる友達だったりすると思います。英語も同じで、自分と同じレベルだと思っていた仲間が、実は自分より上手にプレゼンしたり、より多くの学習時間を割いて努力している姿を見ると、滅茶苦茶刺激を受けて、奮起すると思います。講座期間中は、私も進捗管理や学習方法のアドバイスなども細かくしますが、仲間からの刺激もモチベーションの維持には、とても大事だと考えています。今回の講座で目指すのは、「講師と1対1では不可能な仲間同士の励まし合い」と「大手スクールでは受けられない、丁寧なフォローアップ」です。体育会系のノリを楽しみながら、目標達成に向かって完走目指す方に、是非ご参加頂きたいです。